ほくろとハイドロキノン効果
顔や体など、「えっ?こんなところにほくろなんてあった?」というように、いつの間にか増えているほくろ。

プラスナノHQはシミに絶大な効果がある美容クリームですが、一見するとシミの仲間のように見えるほくろにも効果はあるのでしょうか?

そもそもほくろができる原因とは?

ほくろとは、肌表面のメラノサイトが高密度で集まった集合体のようなもの。
ほくろというのは俗称で、正式名称は「色素性母斑」「母斑細胞性母斑」といいます。

ほくろができる原因としては、先天的にもって生まれた場合や、紫外線を浴びたことが原因でできることなどがほとんど。

「紫外線が原因ならシミと同じだし、効果あるんじゃない?」
と思ってしまいそうですが、実はプラスナノHQはほくろにはあまり効果がないようです。

プラスナノHQで消せるものは主に、紫外線によるシミ、くすみ、肝斑、ニキビ跡、やけどによる炎症、虫刺され跡など。

ほくろには絶対に効果がない!というわけではないのですが、そういった症状に対する効き目に比べるとやはり消しにくいようです。

また、ほくろと言っても茶色いほくろや真っ黒なほくろなど種類もいろいろありますよね。

プラスナノHQのほくろへの効果を詳しく調べていくと、プラスナノHQは真皮(肌の奥深く)まで達してしまった真っ黒なほくろには効き目が弱いものの、まだ真皮に達していない茶色いほくろになら効果が期待できる!という情報が!

茶色いほくろは肌の奥深くまで達していない分、紫外線によるシミのように肌表面に近い部分にあります。

そのため時間はかかりますが、使い続けていくことで薄くすることは可能とのこと!
ほくろが黒くなる前に、薄い色の段階でプラスナノHQを使用すれば、黒くて大きいほくろになることは防ぐことができそうですね♪

また、プラスナノHQに配合されているハイドロキノンは、ほくろの除去後のケアにも使用できます。

ほくろの除去というとレーザーなどが一般的かと思いますが、レーザーでほくろを除去したとしても皮膚を元通りの色に戻す事は難しく、若干の色素は残ってしまうもの。

そんな時ほくろ除去後の色素を薄くするのにプラスナノHQが有効なのです!

ほくろをレーザーでなくメスでの切除で除去した場合も同様に、プラスナノHQが肌のターンオーバーを促進することでほくろ除去後の傷跡も目立たなくすることができますよ♪

つまり黒いほくろに直接的な効果はなくても、ほくろを除去した後のケアにはプラスナノHQが有効ということです!

 

実際にほくろ除去後に使った方の例

ネットで検索してみると、ほくろの除去後にプラスナノHQを使用したという方のブログに行きつきました。

その方はメスでの切除でほくろを除去したようですが、除去後の傷跡が目立っていることが気になりプラスナノHQを使い始めたんだとか。

プラスナノHQをほくろ除去後に使用し始めてから1カ月ほどで傷跡が目立たなくなり、元の肌に近い状態に戻ったとのこと。

やはりほくろの除去後のケアにプラスナノHQは有効なようです♪

ではなぜほくろにプラスナノHQが有効なのか?
それはプラスナノHQに配合されているハイドロキノンという成分の美白効果によるもの。

プラスナノHQにはほかにもメラニンに働きかけるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどが配合されているので、薄いほくろにならば時間はかかっても薄くする効果があり、またほくろ除去後の色素残りや傷跡にも効果があるというわけなんですね。

とはいってもプラスナノHQはもともとほくろ用のケアクリームではありませんので、効果が出ない場合や赤みや痒みなどの異常が出た場合は使用を中止し医師に相談するようにしてくださいね。

またプラスナノHQ塗布後はメラニンの生成を抑制している状態ですので、非常に紫外線の影響を受けやすい状態になっています。
外出の際は日焼け止めを必ず塗るようにしましょう。

今なら通常価格の60%引きも!公式サイトはこちらから⇒http://pluskirei.com/