シミやニキビ跡にプラスナノ
シミやニキビ跡に悩む方に人気の美容ケアクリーム、プラスナノHQ。


効果があるのは口コミや公式サイトを見て知っている方も多いかと思いますが、プラスナノHQのどのような成分がシミやニキビ跡に効果を発揮しているのか、気になりませんか?


今回はプラスナノHQがシミやニキビ跡に効果がある理由とその有効成分について詳しく調べてみましたので、その結果をご紹介します♪



シミやニキビ跡の原因は主にメラニンによる色素沈着だと言われています。

プラスナノHQはこのメラニンの生成を抑制しメラニンを作る細胞であるメラノサイトまでも減少させる効果があるので、シミやニキビ跡に高い効果を発揮することができるという、まさにシミやニキビ跡に悩む肌の救世主的存在。


シミは主に紫外線によるものと、ニキビが治った後に茶色く色が残るいわゆるニキビ跡の2種類があります。


メラニンというと肌に良くないもの、というようなマイナスのイメージが付きがちですが、実は通常メラニンは体内部を紫外線から守る働きをしてくれる、お肌の味方なんです。


紫外線やニキビなど肌に炎症が起こると、肌を守ろうとこのメラニンが大量に発生。
最終的にシミなどの色素沈着として肌に残ってしまうというわけなんです。


メラニン色素は普通ターンオーバーにより28日間ほどで落ちて元の肌の色に戻るものなのですが、ターンオーバーがうまく行われないとシミとして皮膚に残ってしまうんですね。


これはニキビ跡も同様で、炎症が強くニキビ跡になってしまったものを放っておくと茶色いシミとして肌に残ってしまうのです。


またニキビ跡は紫外線の影響を受けやすいので、正しい処置をしないとどんどん濃いシミとなって皮膚に残ってしまうことになります。


そしてこのようなシミやニキビ跡に有効とされているのが、「ハイドロキノン」。
このハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれているくらい美白効果が高い成分で、プラスナノHQにはこのハイドロキノンが高濃度配合されています。



プラスナノHQはすでに皮膚にできてしまっているシミにはもちろん、シミやニキビ跡の原因となるメラニンを作るメラノサイトそのものも減少させることができるので、シミやニキビ跡をできにくくする効果も期待できますよ!



また、シミやニキビ跡にはハイドロキノン以外にも美白成分であるビタミンや製肌成分、抗酸化成分なども有効と言われています。


プラスナノHQにはハイドロキノンを始めとして、ビタミンAやビタミンC、ビタミンE、製肌成分であるレスベラトロールや抗酸化成分のアスタキサンチンなども配合。


ハイドロキノンの美白作用でシミやニキビ跡を目立たなくするとともに、肌に必要な栄養も同時に肌に行き渡らせることができるんですね。


プラスナノHQはいつものお肌のケアにプラスして使うことができるのでとても手軽ですが、プラスナノHQに配合されているハイドロキノンは紫外線の影響を受けやすい性質があります。

プラスナノHQを塗布後に外出する際は、日焼け止めを忘れないようにしてくださいね!



プラスナノHQに配合されているハイドロキノンはナノテクノロジーを使用し、肌の奥深くまで有効成分を浸透させることができるので、長年頑固に肌に染みついていたシミやニキビ跡にも大きな効果が期待できます♪



プラスナノHQは他にも傷跡や虫刺され、やけどの跡、衣服の擦れなどによる色素沈着にも効果がありますので、顔だけで1本使い切れなくてもったいない…という場合には、パッチテストの後そのような箇所に使用してみるのもいいかもしれません。


プラスナノHQの効果が出るのは肌のターンオーバーが行われる28日前後。
まずはプラスナノHQを1か月間使用して、その効果を実感してくださいね♪


プラスキレイ公式サイトなら、お試しセットが2,160円!⇒http://pluskirei.com/