ハイドロキノンは要パッチテスト
シミを消すにはハイドロキノンが効く!というのは知っている方も多いのではないでしょうか。


シミやしわに有効な美白成分と言えばプラセンタやビタミンCといった成分が有名ですが、ハイドロキノンはこれらの美白成分の10~100倍の効果があるとされています!


ハイドロキノンはプラセンタやビタミンなどと違い、シミの抑制だけでなく今すでに皮膚に沈着してしまっているシミにも働きかけてくれるので、「肌の漂白剤」とも呼ばれているんですね。


そしてシミ対策美容ケアクリームであるプラスキレイのプラスナノHQにも、このハイドロキノンが高濃度配合されています。


ハイドロキノンはシミに大きな効果を発揮しますが、その効果の強さゆえに、プラスキレイを使用するうえで気を付けなければならない点がいくつか存在します。


今回はプラスキレイ プラスナノHQに配合されているハイドロキノンの効果と使用上の注意を詳しくご紹介していきたいと思いますので、ハイドロキノンの効果や副作用が気になる!という方は是非参考にしていってくださいね♪



ハイドロキノンは、シミやしわの原因となるメラニン色素の生成を抑制し、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトの数を減少させる作用があります。


このためハイドロキノンは、冒頭でもご紹介したように「肌の漂白剤」とも呼ばれているのですが、漂白剤と聞けばわかるようにその効果は非常に強いもの。


そのためハイドロキノンの使用量や使用方法を間違ってしまうと、「白斑」という肌の一部が真っ白になってしまう副作用を引き起こす可能性が。



このような副作用を引き起こさないためには、正しい使用方法が重要になってきます。

使用前には必ずパッチテストを!

プラスキレイに配合されているハイドロキノンは、いきなり顔に使用する前にパッチテストを行うことで副作用を防ぐことができます。


パッチテストのやり方としては、二の腕の内側に少量のプラスナノHQを塗布し、絆創膏で覆ってから丸一日様子を見るという簡単なものでOK。


丸一日経って絆創膏をはがし、赤みや痒みなどがなければ顔への使用を開始しましょう!


この時点で赤みや痒みが出てしまった場合には使用を中止し、皮膚科などの専門家の医師の診断を受けるようにしてくださいね。



プラスナノHQを顔に使用するときには、使用量を守ることが大切。
たくさん塗れば効果が高いというものではないので、説明書通りに気になるポイントにだけポンポンと乗せるように塗布しましょう。


顔全体に塗るようなことは絶対にしないでくださいね。
また、ハイドロキノンは紫外線を吸収しやすい性質を持っているので、プラスキレイを塗布した後に外出する際は日焼け止めをしっかりと塗り、紫外線対策をしっかりしてから外出するようにしてください。



それから、プラスキレイは保管方法にもちょっとした注意点が。

ハイドロキノンはデリケートで非常に酸化しやすい成分ですので、プラスキレイの開封後は直射日光を避け、冷暗所での保管をお勧めします。


またプラスキレイは1本5gと非常に少量な容量での販売がされていますが、これはハイドロキノンの使用期限が限られているため。


ハイドロキノンは開封後1か月以内に使い切ることが望ましいとされているので、プラスキレイはこの容量での販売がされているということなんですね。


開封後1か月以上経ったハイドロキノンは酸化が進み、肌に強い刺激を与える恐れや副作用の原因にもなりますので、たとえ内容量が残っていたとしても使用はせず、新しいものを使用するようにしてください。



ハイドロキノンは濃度が高いほど肌への負担が大きくなりますが、プラスナノHQに配合されている4%という濃度では、一般的に肌に大きな負担をかけることはないとされています。


使用方法や使用量を守れば非常に心強いシミ対策クリームですので、今回ご紹介した注意点や使用方法をよく守り、安全な使用をしてくださいね♪



その他の配合成分も詳しく解説!プラスキレイ公式サイトはこちら⇒http://pluskirei.com/